キャッシング会社の種類│貸金業者の種別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
金融機関の種類

貸金業者・キャッシングの会社には、種類があります。

まずは、その資本の性格や会社の歴史から一般的に

  1. 銀行系キャッシングローンカード
  2. 消費者金融系キャッシングローンカード
  3. 信販系系キャッシングローンカード

の3つにわけられています。

ただ、総量規制や貸金法がいろいろ変わり、2006年の利息制限法の改正によってグレーゾーン金利(29.2%・・・当時の法律の上限となる金利で、現在より相当高かった)が制限されたことで、過払い金返還訴訟が相次ぎ、金融系キャッシングローン会社の経営が傾きました。そして大手銀行が、さまざまな消費者金融を子会社化してきました。有名な消費者系のキャッシングローン会社は、ほぼ、親会社が銀行系であることが多くなっています。

そのような流れで、消費者金融だけれど銀行の子会社、というローン会社が多くなり、現在は上記の~系という分類は、区別の意味が薄くなってきています。

主なキャッシングローン会社で分類してみると下記のようになります。
銀行系キャッシングローンカード 消費者金融系キャッシングローンカード 信販系キャッシングローンカード
○○銀行カードローン全般 アコム、プロミス、レイク、SMBCモビット、ノーローン、アイフル、アプラス、ユニー等 オリエントコーポレーション(オリコ)、日本信販(ニコス)、ジャックス等

その他、クレジットカードも入れるとデパート系、サービス系、外資系などもあります。
こちらは、実質はクレジットカード会社が発行しているけれど、サービスの面で、事業者別のオリジナルなカードという性質です。

クレジットカード保有の会員専用に、会員割引があったり、ポイントが溜まったり、季刊誌が送付されたり、と独自のサービスがいろいろ付帯しています。

  • デパート系 デパートや百貨店が発行しているカード(タカシマヤカード、そごうカード、三越カード、マルイのエポスカードなど)
  • サービス系 特定の企業が発行しているカード(amazonやYahoo!、楽天、ガソリンスタンド、JAL、ANAカードなど)
  • 外資系 アメリカなど海外のカード会社が日本に進出して発行しているカード(アメックス、ダイナース、オリックス、シティなど)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*