信用情報機関への登録とは│自分の借金履歴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
信用情報

信用情報機関への登録って、初めてお金を借りる人には疑問だらけ。

キャッシング会社は、申し込みされたお客様の信用情報を得るために、各金融会社が登録している「個人信用情報登録機関」で、過去の借金の返済状況を確認して審査に利用します。
また、自社の顧客の返済状況を申告して、共有しています。

契約時、各キャッシング会社の契約内容には「○○へお客様の情報を登録します」という一文が書かれており、それに同意を求めるようになっています。

信用情報機関にはどんな会社があるの?

信用情報機関一覧

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

銀行・消費者金融・クレジットカード会社のほぼ全てが加盟しています。日本最大の信用情報機関です。

JICC(株式会社 日本信用情報機構)

旧テラネット、全情連が合併した会社です。消費者金融系のキャッシング・ローン・クレジット会社が多く登録しています。

全国銀行協会

銀行、信用金庫、信用組合、農協、及び、銀行系子会社の一部クレジットカード会社が加盟している信用情報機関です。

情報を共有する信用情報登録機関

CICとJICCで共有する情報システム「FINE」

登録された情報のうち、「事故情報」「本人申告情報」の2つをCICとJICCでは「FINE」というシステムを使って共有しています。

CICとJICC、全銀強で共有する情報システム「CRIN」

登録された情報のうち、「本人情報」「申し込み情報」「契約情報」をCICとJICC、全銀強で「CRIN」というシステムを使って共有しています。

いつ顧客の信用情報を見るの?

申込時、金融会社は申込内容によって上記の機関やシステムから個人情報を確認しています。
また、定期的に確認したり、更新時や延滞時などにも確認することがあります。

開示請求

自分がどのように登録されているか、どの会社がどのような情報を登録しているか、各会社に「開示請求」を申し込みすると、情報が確認できます。

どのくらいの期間、登録されるの?

  • CIC、JICCは最大5年間
  • 全銀協は最大10年間

信用情報がCRINやFINEで共有されていることを考えれば、最大公約数の10年間は過去の事故情報が確認されると思っておいたほうが良いでしょう。
中には、CIC、JICCのどちらかにしか登録していない会社もありますが、確認してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*