審査が甘いキャッシング会社って本当にあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
審査の甘いキャッシング

審査が甘いキャッシング会社って本当にあるのでしょうか?

巷では審査が甘いとか、きついとか、よく言いますが本当に「審査の甘いキャッシング」が、あるのでしょうか?

結論から言えば、あるとも言えるし、ないとも言えます。それは、会社の方針で金利とリスクのバランスをどうとるか、にすぎないからです。

市場原理として、お金の貸し借り、平たく言えば契約というものにはリスクがあるものも、ないものもあり、貸し倒れのリスクが高くなれば当然、利息が高くないと利益が残りません。
反対に、安心して貸せる相手なら、利益が安くても確実に回収できるので、利息を低く抑えることが出来ます。

金融会社にも同じことがいえます。

審査を甘くする=条件を緩くするということは、残念ながら一定の割合で貸し倒れも割合が大きくなります。ですので、その分のリスクは金利に乗せて回収することになります。ですので、審査の甘さと、利息は比例する関係にあります。

ですが、近年では最高金利も規制され、総量規制も厳重に管理されているので貸せる金額、貸せる総額も限られてきています。法律に反すれば、営業停止もありえます。

違法な闇金でないかぎり、「金利も安くて簡単に貸してくれる金融会社」は無いと思っていたほうが良いです。

昔サラ金と呼ばれていた会社は生まれ変わり、健全な経営に全力を出している。

昔、夜逃げや一家離散の一因とされていた一部の悪質な貸金業者でさえも、最近では無理な回収や催促も出来なくなり、健全な経営、安心できる貸金業者へと変貌しています。
利益も、貸せる金額も減っている中で、貸金業者さんも大変な努力で安全・安心なキャッシング(借金)生活が出来るよう、大変な努力の上で法律に合わせ変化してきています。

ですので、もちろん私達も、きちんと計画し、努力して返せる範囲内での借金を心がけなければお互いに生きていけません。

利益・有益となる世界を作らないかぎり、違法な闇金そして違法な取り立てが生き残るのです。

結論:「審査が甘い(だけの)キャッシング業者」はありません。

行いが良ければ審査も通るし、行いが悪ければ審査は通りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*