2016年 10月 の投稿一覧

過去に金融事故や債務整理を行っている人の審査

自己破産

過去に金融事故や自己破産、債務整理などを行っている人は、よく「ブラックリストに入る」と言いますが

過去に金融事故や自己破産、債務整理などを行っている人は、ブラックリスト入りしてしまい、しばらく借金ができない状態になると言われています。

正確に言えば「ブラックリスト」というリストは存在しませんが、個人信用情報機関に登録された内容に延滞や債務整理などの記録が載り、共有されますのでいわゆるブラックリスト入りというのは、「個人信用情報機関に悪い情報が登録されている」方、ということになります。

審査の内容でも触れましたが、債務整理などの情報が登録されている場合、審査に通るのは難しくなります。

ブラックでも借りられた!というのは、決して情報が見逃されたわけではなく、金融事故の内容や現在どのくらい立ち直ったのか、生活や収入が安定してきたなど総合的に判断して可決されたに過ぎません。

そのような情報もネット上にはいろいろ書かれていますが、基本的には事故を起こした人がキャッシングやクレジットカードの審査に通る場合、多少リスクを取っても金利が高めの契約をしている小さい会社や、会員増加に積極的な会社、外資系で現在の状態を重視するポリシーのローン会社である場合が多いでしょう。

審査が厳し目な印象を受けるのは、銀行系です。

銀行は、お客様から預かっている預金での運用がメインですので、あまりキャッシングなどでリスクをとりません。

やはりそれでもチャレンジしたい!と言う場合は、小さめな会社で、事情を加味してくれるようなローン会社や、大量のCMで顧客を積極的にキャンペーンで募集しているようなキャッシング会社を狙ってみるのが良いかもしれません。

ただし、もしギャンブルや堕落した生活で事故を起こした過去があるなら、本当に借金する必要があるのか、改善できる部分はないか、よく考えてから借りてくださいね。

借金は癖になります。借りる前に、確実に返せるかどうかをきちんと計画すると良いでしょう。

審査が甘いキャッシング会社って本当にあるの?

審査の甘いキャッシング

審査が甘いキャッシング会社って本当にあるのでしょうか?

巷では審査が甘いとか、きついとか、よく言いますが本当に「審査の甘いキャッシング」が、あるのでしょうか?

結論から言えば、あるとも言えるし、ないとも言えます。それは、会社の方針で金利とリスクのバランスをどうとるか、にすぎないからです。

市場原理として、お金の貸し借り、平たく言えば契約というものにはリスクがあるものも、ないものもあり、貸し倒れのリスクが高くなれば当然、利息が高くないと利益が残りません。
反対に、安心して貸せる相手なら、利益が安くても確実に回収できるので、利息を低く抑えることが出来ます。

金融会社にも同じことがいえます。

審査を甘くする=条件を緩くするということは、残念ながら一定の割合で貸し倒れも割合が大きくなります。ですので、その分のリスクは金利に乗せて回収することになります。ですので、審査の甘さと、利息は比例する関係にあります。

ですが、近年では最高金利も規制され、総量規制も厳重に管理されているので貸せる金額、貸せる総額も限られてきています。法律に反すれば、営業停止もありえます。

違法な闇金でないかぎり、「金利も安くて簡単に貸してくれる金融会社」は無いと思っていたほうが良いです。

昔サラ金と呼ばれていた会社は生まれ変わり、健全な経営に全力を出している。

昔、夜逃げや一家離散の一因とされていた一部の悪質な貸金業者でさえも、最近では無理な回収や催促も出来なくなり、健全な経営、安心できる貸金業者へと変貌しています。
利益も、貸せる金額も減っている中で、貸金業者さんも大変な努力で安全・安心なキャッシング(借金)生活が出来るよう、大変な努力の上で法律に合わせ変化してきています。

ですので、もちろん私達も、きちんと計画し、努力して返せる範囲内での借金を心がけなければお互いに生きていけません。

利益・有益となる世界を作らないかぎり、違法な闇金そして違法な取り立てが生き残るのです。

結論:「審査が甘い(だけの)キャッシング業者」はありません。

行いが良ければ審査も通るし、行いが悪ければ審査は通りません。

キャッシングの審査に受かる人と受からない人との違いは?

審査OK

キャッシングの審査に受かる人と受からない人との違いは、どこにあるのでしょうか。

キャッシングの審査は、コンピューターでほぼ計算され決まります。
それでも、可否の決定は最終的に人間が行うこととなります。

審査に受かりやすい人とは

情報がオープンで、確実に証拠が取れて、嘘偽りを感じない人、ということになります。

逆に、審査に受かりにくい人とは

自分の都合の良い情報だけを出し、都合の悪いことは隠し、言い訳を並べ、約束を守らない人間性を疑うような人です。

契約とは、結局は「約束」です。
約束を守れなさそうな人に、お金を貸すことはありません。

まとめると

キャッシングの審査には
正直に、迅速に、正確に情報を出し、真面目に生活している人が一番通りやすいということです。

キャッシングやローンの審査の内容は?

審査内容

キャッシングやローンの審査の内容を詳しく見ていきましょう。

開示されているものではないので、一般論や想像も入りますのでご了承下さい。

審査では、「確実に返済できるかどうか」が、決め手となります。
返済できるかどうかということはつまり

  • 安定して収入があるか
  • 会社が倒産するなどの心配がないか
  • 生活状況に照らしあわせて相応しい借金額か
  • 総量規制に引っかかっていないか
  • 過去、借金を踏み倒すなどの信用出来ない事故を起こしていないか
  • 無理な借り入れ、不明な借り入れ、不法ギャンブルや浪費などをしていないか
  • 暴力団関係ではないか
  • 他社に多額の借り入れをしていないか
  • 総量規制など法的に引っかからないか

など、客観的に見て問題をクリアしているかどうかです。
上記ひとつでもクリアできない場合は、借り入れは難しいと考えられます。

最近は、入力した情報に合わせてコンピューターで点数を出して審査をしますので、点数で落ちた時点で借り入れは難しいものとなります。

いくら収入が多くても、借金が多く返済だけに回ることが想像されれば否決となりますし、収入が少なくても、安定して返済でき、計画性が見える場合には可決だったりしますので、一概には言えません。

キャッシング審査の開始から終了までの流れ

審査通過

キャッシング会社に申し込みをする

お目当てのキャッシングのカードローン会社を見つけたら、まずは金利が高すぎないかをチェックしましょう。そして、利用の条件、ATMの有無、借りる方法や返済方法、月々の返済額など確認して、申し込みをします。

キャッシングの申し込みはWEB上からフォームにそって必要事項を記入し、送信する会社、郵送で書類を送ってもらう会社、直接店舗に出向く必要のある会社などあります。

個人情報を出す

WEBから送信して終わる会社、書類を郵送してきて記入して返送する、店舗に出向いて記入するなどいろいろあります。
提出する個人情報には、下記のような内容があります。

各カードローン会社によって、提出するものは多少違いがあります。

住民登録してある住所
上記と違うところに住んでいる場合はその住所
連絡先電話番号
生年月日
家族構成
世帯収入
勤務先・部署
勤務先の電話番号
年収
勤続年数
住宅の状況(賃貸、持ち家など)
居住年数
借金の有無とその金額

証明書類を出す

上記を証明するための住民票、免許証のコピー、保険証のコピー、源泉徴収票、自営業なら確定申告書など。

在籍確認

申告した会社に努めているかの確認があります。
ほぼ、電話で個人名で確認されます。
自宅にも住んでいる確認のため、連絡が入ります。

本人確認

自宅に電話が来て本人が申し込んだかどうかの確認をします。

最終審査

上記の内容を踏まえ、各カードローン会社の基準に沿って、キャッシングの可否が決まります。
大体、3日~2週間程度(時期や会社による)

審査結果通知

メールや書面にて、審査結果の通知が来ます。
否決だった場合には、この連絡を持って終了です。
可決だった場合は、本人受取限定郵便やや書留などでローンカードが郵送されます。

例外的に、カードが届く前に銀行振込で融資してくれるローン会社もあります。

キャッシング審査の理由│なぜ審査があるの?

キャッシング審査

お金を借りるとき、どうしていろいろな審査があるの?

お金を借りるということ

貴方がもし、お金がなくて家族にお金を借りるとしたら、なんて言いますか?

本を買いたいから、貸して下さい。交通費を貸してください。飲み会の参加費を貸してください。
家族から借りるには、大体、こんな一言で、数千円なら借りられる人も多いでしょう。もちろん、厳しいご家庭もあるでしょうけれど。

だけどこれが、見知らぬ他人だったらどうでしょう。まず、お金を貸す人は居ません。

違いは「信用」です。

そもそも、お金というのは、国営銀行の信用で、成り立っています。
記念金貨などは別として、貨幣やコインの素材自体には価値が殆ど無く、それをいつでも同等の物に引き換える交換用品として、国営銀行が保証をすることでお金には価値がついています。

世界情勢を見てもわかるように、他の国と比べてその国の信用度、安定度が増せば貨幣価値は相対的に上がり、事件や事故、災害やテロなどで、信用度が下がると貨幣価値も下がります。

つまり、客観的に見て、

あなたに信用があるかどうかが、キャッシング審査のポイントとなります。

書類や財産、収入、貴方の生活を知り、どのくらい信用があるかを、キャッシング会社は独自に審査して、お金を貸せる範囲を決めています。
どのくらいリスクを取るか、その金融会社の判断で、それぞれ「貸せる最低ライン」という判断基準を持っています。これは、あくまでもその金融会社が独自で決めていることですので、審査に甘い会社もあれば、審査が厳しい会社もあります。
審査が厳しい会社に通ることが「ステイタス」と言う考え方を持つ人もいます。

リスクの大きさでお金を貸す利息は決まる

考え方は単純です。

例えばここにお金がたくさんあって、借りたい親友がそこにいる。そのとき「確実に返してくれるし、今までの恩もあるし・・・」と思えば、利息なしでもお金を貸してあげよう、と思えるかもしれません。また、「返さなくてもいいよ」と思える親友なら、そのまま条件なしでお金を渡してあげることもあるでしょう。
逆に、お金に卑しい人や、困りすぎて返せそうもない人、返さなくても平気な人などに、お金を貸したい人は居ません。

その思考と同じことが、キャッシングやローンの審査であるといえます。

ただ、金融会社も営利企業ですので、従業員の給料や税金も払わなければいけませんし、利益を確保しなければ経営の存続も難しくなります。
ですので、会社ごとに、「こういう人までなら貸してあげましょう」という、利益が見込める契約を結ぶための審査の最低基準があるのです。

リスクを取っても、なるべく大勢の困っている人に貸してあげたいと思えば、リスクが大きい人にも貸してあげる代わりに利息を高くしますし、リスクを取りたくない場合には、審査を厳しくして、信用が高く確実に返せそうな条件でのみ、金利を低くして「貸りてもらう」でしょう。

この、会社の方針とも言える審査の内容が、各社の特徴でもあります。

だから、方針で貸す基準が違う、と言う意味では、審査の甘い会社、審査の厳しい会社、という見方も出てくるわけです。

その、会社ごとの審査基準に達することで信用を得て、初めてお金が借りられるのです。

知っておくべきことは、「審査は人情では左右しない」ということです。

キャッシング 借りる方法と返済方法

返済方法

キャッシングの借り方には、どんな種類があるのでしょうか?

一口に借金と言っても、色々な借り方、違う返済方法があります。

限度額内で、自由に借金と返済ができ、残高に応じたスライド方式の金額で返済するもの。

キャッシングといえば多いのはこのパターンです。フリーローン、残高スライド方式、リボ払いなどと呼ばれています。残高によって、毎月の返済額が決まります。ATMで自由に借りる・返すができる会社が多いです。

50万円の限度額のカードを作り、15万円借りて毎月1万円返済する。ボーナス月に、ATMから10万円追加で返済。枠が空いているのでまたATMから次月に5万借りる。など、限度額内で自由に出し入れできる。

10万未満 10万以上20万未満 20万以上50万未満 50万以上100万未満
毎月5000円 毎月10000円 毎月2万円 毎月3万円

※架空の一例です。

最初に借りる金額を決め、○回と分割回数を決めて返済するキャッシングローン。

一般的にローンと呼ばれているのはこの分割払いです。分割返済と呼ばれています。カーローンやショッピングなど、ローンの返済方法としては一番知られているパターンです。

10万借りて、12回払い。⇒毎月9167円返済(毎月同じ額)
30万借りて、36回払い。⇒毎月10845円返済(毎月同じ額)
50万借りて、24回払い。⇒毎月24962円返済(毎月同じ額)
※金利18%として計算した架空の一例です。

前月に借りた金額を、次月で一括返済するクレジットカードのキャッシング機能。

クレジットカードに付帯しているキャッシングリボ払いが多いですが、このパターンもあります。次月に返済するので、金利が1ヶ月分だけと、安く済みます。緊急時の備えとして、あると便利です。

6月に30000円キャッシングして6月末締め、7月27日払い。クレジット使用額と合算で一括返済。カードによってボーナス払いや分割も可能。

キャッシング会社の種類│貸金業者の種別

金融機関の種類

貸金業者・キャッシングの会社には、種類があります。

まずは、その資本の性格や会社の歴史から一般的に

  1. 銀行系キャッシングローンカード
  2. 消費者金融系キャッシングローンカード
  3. 信販系系キャッシングローンカード

の3つにわけられています。

ただ、総量規制や貸金法がいろいろ変わり、2006年の利息制限法の改正によってグレーゾーン金利(29.2%・・・当時の法律の上限となる金利で、現在より相当高かった)が制限されたことで、過払い金返還訴訟が相次ぎ、金融系キャッシングローン会社の経営が傾きました。そして大手銀行が、さまざまな消費者金融を子会社化してきました。有名な消費者系のキャッシングローン会社は、ほぼ、親会社が銀行系であることが多くなっています。

そのような流れで、消費者金融だけれど銀行の子会社、というローン会社が多くなり、現在は上記の~系という分類は、区別の意味が薄くなってきています。

主なキャッシングローン会社で分類してみると下記のようになります。
銀行系キャッシングローンカード 消費者金融系キャッシングローンカード 信販系キャッシングローンカード
○○銀行カードローン全般 アコム、プロミス、レイク、SMBCモビット、ノーローン、アイフル、アプラス、ユニー等 オリエントコーポレーション(オリコ)、日本信販(ニコス)、ジャックス等

その他、クレジットカードも入れるとデパート系、サービス系、外資系などもあります。
こちらは、実質はクレジットカード会社が発行しているけれど、サービスの面で、事業者別のオリジナルなカードという性質です。

クレジットカード保有の会員専用に、会員割引があったり、ポイントが溜まったり、季刊誌が送付されたり、と独自のサービスがいろいろ付帯しています。

  • デパート系 デパートや百貨店が発行しているカード(タカシマヤカード、そごうカード、三越カード、マルイのエポスカードなど)
  • サービス系 特定の企業が発行しているカード(amazonやYahoo!、楽天、ガソリンスタンド、JAL、ANAカードなど)
  • 外資系 アメリカなど海外のカード会社が日本に進出して発行しているカード(アメックス、ダイナース、オリックス、シティなど)

信用情報機関への登録とは│自分の借金履歴

信用情報

信用情報機関への登録って、初めてお金を借りる人には疑問だらけ。

キャッシング会社は、申し込みされたお客様の信用情報を得るために、各金融会社が登録している「個人信用情報登録機関」で、過去の借金の返済状況を確認して審査に利用します。
また、自社の顧客の返済状況を申告して、共有しています。

契約時、各キャッシング会社の契約内容には「○○へお客様の情報を登録します」という一文が書かれており、それに同意を求めるようになっています。

信用情報機関にはどんな会社があるの?

信用情報機関一覧

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

銀行・消費者金融・クレジットカード会社のほぼ全てが加盟しています。日本最大の信用情報機関です。

JICC(株式会社 日本信用情報機構)

旧テラネット、全情連が合併した会社です。消費者金融系のキャッシング・ローン・クレジット会社が多く登録しています。

全国銀行協会

銀行、信用金庫、信用組合、農協、及び、銀行系子会社の一部クレジットカード会社が加盟している信用情報機関です。

情報を共有する信用情報登録機関

CICとJICCで共有する情報システム「FINE」

登録された情報のうち、「事故情報」「本人申告情報」の2つをCICとJICCでは「FINE」というシステムを使って共有しています。

CICとJICC、全銀強で共有する情報システム「CRIN」

登録された情報のうち、「本人情報」「申し込み情報」「契約情報」をCICとJICC、全銀強で「CRIN」というシステムを使って共有しています。

いつ顧客の信用情報を見るの?

申込時、金融会社は申込内容によって上記の機関やシステムから個人情報を確認しています。
また、定期的に確認したり、更新時や延滞時などにも確認することがあります。

開示請求

自分がどのように登録されているか、どの会社がどのような情報を登録しているか、各会社に「開示請求」を申し込みすると、情報が確認できます。

どのくらいの期間、登録されるの?

  • CIC、JICCは最大5年間
  • 全銀協は最大10年間

信用情報がCRINやFINEで共有されていることを考えれば、最大公約数の10年間は過去の事故情報が確認されると思っておいたほうが良いでしょう。
中には、CIC、JICCのどちらかにしか登録していない会社もありますが、確認してみてください。